ささみは低カロリー・低糖質でダイエットに最適!

どもスタッフアマツです♪
知ってる人は知ってる情報ですが
ささみは筋肉に良くてダイエット向きの食材
それが何故なのか、調べて見ました♪

ささみは鶏肉の中でもヘルシーで
低カロリーな部位として知られています。
値段もお手頃でお財布にも優しい万能選手のうえ、
栄養面にも優れた食材なんですよ。
高たんぱくでダイエットや筋肉作りにも
効果的な役割をはたすことでも広く知られていますね。
ささみの栄養を知って、
普段の料理にうまく取り入れれば、
節約しながら献立の幅も広がりますよ。

■ささみの栄養素と効能
ダイエット中の人や、アスリートなどの体作りに
重宝されているささみは、
たんぱく質をたくさん含んだ食材として知られています。
低脂肪でカロリーも低いうえ、
消化にも良いので食べ応えの割には胃腸にも優しいんですよ。

さらに、たんぱく質以外にもたくさんの優秀な栄養素を持っています。
ささみに含まれる栄養素を一つ一つ見ていきましょう。

・たんぱく質
たんぱく質は三大栄養素の一つで、
体を作るのに重要な栄養素です。
テレビなどでもよく取り上げられているため、
筋肉=たんぱく質というイメージですよね。
もちろん、たんぱく質は筋肉を作る上で重要な役割を持っていますが、
筋肉以外でも、髪の毛や爪、肌の状態にも大きな影響を及ぼします。
ささみに含まれるたんぱく質は鶏肉の中でも一番の含有量です。

・ナイアシン
ナイアシンはビタミンB群の栄養素の中の一つで、
別名「B3」ともいいます。
ビタミンB群は全部で8種類あり、
どれも私たちが生きていく上で重要な役割を果たしてくれています。

たとえば、私たちが糖質、脂質、たんぱく質を摂取した際、
それらの栄養素は体内エネルギーを作り出すはたらきをすることがあります
そのはたらきを助けてくれるのがナイアシンなのです。

ナイアシンは、日本で通常に食生活をする分にはあまり不足する事はありません。
しかし、ナイアシンのはたらきを知っていれば、
活用することはできるでしょう。

特に、アルコールを分解するのに役立つ物質だと期待されていますので、
飲酒の際には一緒に補給するといいですね。
おつまみがささみなら、ヘルシーなメニューです。

・ビタミンB6

ビタミンB6は、たんぱく質が筋肉へ
合成されるのを助けるはたらきが望めます。
ビタミンB6とたんぱく質を一緒に摂ることで、
筋肉を効率よくつけることが期待できます。

ダイエットで運動をする場合も、
筋肉量を増やすのは大切なことです。
筋肉が脂肪よりも代謝が高いことは
テレビなどでもよく取り上げられていますよね。
筋肉量の多い体を手に入れることで、
太りにくい体作りへの効果も見込めます。

・パントテン酸

パントテン酸もビタミンB群の一つで、
糖質、脂質、たんぱく質からの
エネルギー生産を助ける作用が望めます。
ビタミンB群はお互い助け合い体へはたらきかけるそうなので、
8種類をバランスよく摂ることが大切です。
ほかにも、コレステロール、ホルモン、
免疫抗体の成長に関係があるとされているため、
皮膚や粘膜の健康を助けてくれることが期待できます。

・疲労回復
ささみには抗疲労作用がある
「イミダゾールジペプチド」が多くふくまれています。
イミダゾールジペプチドはまだ研究段階のようで、
明らかになっていないことも多いそうですが、
疲労軽減に対するはたらきが期待されており、
注目されているようです。

また、体の疲労だけではなく脳の疲労を緩和することも報告されており、
認知症の予防への効果に期待が持たれています。

・美肌効果

ビタミンAやビタミンB群は皮膚や粘膜、
細胞の成長や代謝に対しての効果が期待されています。
また、たんぱく質も肌を作る際に大切な役割を果たすことがあります。
ささみにはこれらの栄養素が豊富に含まれているため、
美肌への効果も注目されています。

ささみおそるべし...!
ダイエットだけでなく、疲労回復や美肌効果もあるとは...!
明日からのメインはささみに決定します(笑)

以上!ささみの栄養素と効能でした!
それでは~♪

24時間受付ダイアル:047-422-9602

求人LINEID:aneshin2
求人メールアドレス:job@anesinchi.email
オフィシャルHP:http://anesinchi.com/top.p

Copyright© 想いgroup.【姉新地】女性向け求人 , 2021 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。